男性のJメール失敗体験

Jメール > 男性のJメール失敗体験

男性のJメール失敗体験

出会い系を利用しているとうまくいくケースもあれば失敗することもあります。

ここで男性である私の失敗体験をお話しましょう。

実際にJメールで会えたので次の新しい相手を探そうと掲示板を見ると寂しくて寝られないという写真画像ありの女性がいました。

すぐに返信をして何回かやりとりをしていると、ポイントはお金がかかるからと気遣ってパソコンのアドレスを教えてくれたのです。

この地点ですっかり彼女を信用してメアドを交換し、実際に会ってみようというところまで話がテンポよく進みます。

それで女性の家付近で待ち合わせの約束をし、到着してからメールをすると返事のみで本人はなかなか来ません。

最終的に会うのはちょっと不安だと言いいだします。

結局、冬の深夜で寒くてしびれをきらし、タクシーを使い家に帰りました。

ここまでなら大きな失敗でないのですが数日後、もう一度約束をして同じ目に遭ってしまいました。

相手の心理や目的は全くわからないままです。

サクラやポイントゲッターではないし無料登録して会おうと思っていたけれども直前で不安におそわれたのかもしれません。

たくさん会員がいるので中にはこのような人もいると学びました。

できれば電話番号の交換をしておいたほうが安心でムダ足を踏む可能性が少なくなります。

とは言え、個人情報を簡単に教える女性はまれで相手の立場を考えるコミュニケーション力が求められます。

多くの男女がミントCJメールで素敵な相手を見つけ、出会いに成功していますが筆者のような苦い経験をもっている会員もいるでしょう。

そんな人たちの失敗事例やクチコミを読めば、自分にも起こりえる思わぬ展開を想定できます。

特に掲示板投稿時に気をつける点を知っておけば女の子からの反応も早くなり、スムーズに進んで恋愛にも発展しやすくなるでしょう。

私は体験談に目を通し、何に気をつければよいか参考にして、より効果的に異性と交際できるようにしています。