会員になってログインしよう

Jメール > 会員になってログインしよう

会員になってログインしよう

公式サイトにログインするためには会員登録が必要です。

パスワードと電話番号またはアドレスを画面に入力します。

入会手続きに使ったものとなるので覚えておいてください。

また、あとで各種設定変更欄からメアドなどの変更もできます。

ちなみに、私はパソコンのメールアドレスは無料のYahoo!メールを使っています。

大切なお知らせが迷惑メールにならないように受信設定をしておくとよいでしょう。

Jメールから通知が来たことを誰かに知られたくない場合に宛名を自分で決めてカモフラージュもできます。

理想の異性を見つけるにはログインして掲示板投稿をチェックするのが良いです。

その際に私は「写メ・動画サーチ」機能を活用します。

これを使うと写真や動画のある人を限定で検索できます。

ボタン一つで投稿したメンバーの日時と簡単なプロフが一覧表示されます。

男性が相手の詳細を見てみたいときはポイントが必要です。

該当者の番号を押せば画像と投稿の文章がでます。

自分の希望エリアに設定してこの機能を活用してのパートナー探しもおすすめです。

使うのが終わっても端末を誰とも共有してなくログアウトしませんが特に問題はありません。

そのほうが次回、またすぐ利用する際はログインした状態から始まるようです。

パソコンやタブレット、スマートフォンの端末対応ですので外出先でも使えます。

利用者には彼女はいるのですが遠距離恋愛のユーザーも存在します。

そんなかたは、なかなか一緒の時間を作れない寂しさもあってJメールに登録したのでしょう。

私は恋人なしでメル友や親しい仲間ができればと気軽な気持ちで始めました。

それにしても写メを見ると可愛い女子が多くてびっくりします。

好みのタイプの子がたくさんいます。

いつのまにかログインして1日に何度も掲示板を見るのが習慣です。

プロフィール写真を眺めていると遊び友達や大人の関係の知り合いも欲しくなってきます。

不純な考えでうしろめたい気持ちもありますが本能です。

会えないという口コミや体験談も読みますが選ぶ相手の目的しだいだと感じます。

メル友が希望なのに無理に会おうと言っても完全にアウトです。

とはいえ女性と会うときに理由はあまり考えていません。

微妙ですが同じような相手も多少いるでしょう。

ある体験で前に仲良くなったギャル系の女性と待ち合わせの約束をしたときのを話します。

その子からは写メと実物の印象は違うと話を聞いてました。

過度な期待はしてません。

とりあえず会ってみると好みのタイプとかけ離れており、喫茶店で話を濁し、解散です。

実際に確認してみてわかることもあります。

向こうはどんな風に感じたかは不明です。

雑談のみで次の約束や遊びに行く話もしていません。

Jメールで知り合った子とは会いたいときに連絡できる関係が理想です。

今でも会員サイトにログインして彼女探しを継続中です。