キャッシュバッカー

Jメール > キャッシュバッカー

キャッシュバッカー

Jメールやその他の出会い系サイトの評判などを調べるとキャッシュバッカーやCBという言葉を見かけます。

初耳の人に簡単に説明します。

女性が男性会員とメールのやりとりをするとポイントがたまり、プレゼントや金銭と交換できる仕組みのサイトがあります。

本来の目的である出会いでなくポイント交換で何かをもらうためにそのシステムを利用しているユーザーの呼び名をキャッシュバッカーというようです。

上記のようなシステムがJメールにあるかどうかは定かではないです。

厄介なのは、景品やお金などとの交換目的のみのユーザーがいた場合です。

出会いを求めている男性とポイント稼ぎが目的でやりとりをするわけです。

そんな相手はメールの頻度を増やしたいと考えるでしょう。

気があるようなそぶりを見せてるかもしれません。

無駄にメールを取り交わしてポイントを消費し、お金を無駄遣いする可能性もあります。

キャッシュバッカーは、運営側が雇うサクラとは違って一般ユーザーです。

同じニックネームや生年月日で繰り返すとバレてしまうから、プロフィール変更をしてやっている恐れもあります。

ちなみにJメールはサクラをつかってないと考えています。

出会い系を利用して多様な経験をすると、会えなさそうな相手の特徴も分かってくるのではないでしょうか。

より多くの女性とコミュニケーションをとり、体験して相手を見抜くことを養うのが攻略の近道かもしれません。

私は、よほど好みのタイプでなければアプローチして見込みが薄いとき、次に行くのが得策と考えます。

キャッシュバッカーがいるにしろ、いないにしろです。

このようなシステムができたのは、男性と女性の数のバランスを取るためだと思われます。

運営側からすると、より多くの女性ユーザーに利用してもらいたいという趣旨もあるでしょう。

しかしポイント交換のみを目的として利用されてしまえば、結果的にサイトの評価も悪くなりかねないので、難しい面もあるように感じます。

冒頭にも書きましたがJメールの掲示板に関しては未確認のお話でした。